白御影石の油汚れ除去 熊本市にて。

  • 2017.01.14 Saturday
  • 14:57
本日は白御影石の汚れが気になるとの事で、熊本市内にあるお寿司屋さんに伺いました。


最近オープンしたお店ですが、とても内装にこだわられておられ、店内には御影石、トイレには大理石が張り巡らされていました。




今回の御影石はバーナー仕上げと言って表面を凹凸に仕上げてあるものです。


石材表面部分がかなり鋭角になる為、防滑効果はかなりありますが、凹凸部分に汚れが入り込むので手入れを怠ると、石の内部に汚れが蓄積していきます。



表面はこんな感じ




でもって全体写真がこちら



かなり汚れが蓄積しているのが分かります。


こうなるとお客様自身ではどうしようもなくなりますね。また、御影石によっては強い洗剤を使うとそれが原因でシミになる事もありますので注意が必要です。


この汚れ方でまだ半年しか経っていないとの事ですが、飲食店で御影石のバーナー仕上げで、しかもホワイトカラーですのでこうなる事も当然なのですが。



今回は石材専用の除菌洗浄剤を使って内部の油汚れを分解し、機材を使って分解した油汚れを吸い上げる、という工程を5回繰り返し行いました。








なかなか骨の折れる作業でしたが何とか真っ黒でベタベタの状態から変わり映えしました。





御影石は本来とても品があり美しいものですが、特に飲食店ではその美しさの維持が難しい様です。


吸水性も高く、水や油による変色が起こりやすいので、浸水性のコーティングなどで早めの防水加工をする事をお勧めします。



今回のお寿司屋さんでは毎月定期的に洗浄をさせて頂く様になりましたので、汚れの蓄積は無いかと思いますが、石材の防水コーティングや、大理石の磨き上げなども対応しておりますので、石材のメンテナンスでお困り事がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。


コメント
コメントする