新年一発目の白木洗い 熊本市にて。

  • 2016.01.16 Saturday
  • 15:51
ごぶさたのブログです。年末はどこの掃除屋さんもそうですが私どもも大忙しで、たくさんの方からご依頼を受け、熊本県内を飛び回っておりました。



​年明けからも、年末にお受けできなかったお宅の清掃や定期的な清掃も含め、ほとんど年末と変わらぬ忙しい日々を過ごしております。

 
最近はハウスクリーニングやエアコン洗浄以外にも、特殊な清掃のご依頼も多く、年明け1発目は白木のアク洗いを行っておりました。

 
今まで定期的に清掃業者に管理を任せておられたという、とあるクリニック様からのご依頼でした。
白木って本当に繊細で、管理法によって見栄えが全く異なりますし、まず、間違った管理方法では劣化のスピードを恐ろしく早めてしまいます。

 
管理方法を全く知らない掃除屋さんが管理していた物件で、手の打ちようが無くなった施設も多々あるのです。


 
そこで、今の掃除屋さんでは手に負えなくなった・・・というご依頼が当社には多数寄せられるのですが(汗)
今回ご依頼されたクリニック様の白木の状態はというと・・・
土足で管理されていらっしゃるクリニック様で、素材にたくさんの泥汚れが入り込み、写真で見ても一目で分かるくらい、黒ずみが目立っておりました。

 
せっかく白木の素材を活かした、独自性のある雰囲気が損なわれていた様な気がします。しかも、歩行による摩耗で素材自体が相当劣化していた状態でした。

 
まずは素材に入り込んだ汚れをある方法で浮かし、取り除く工程からスタート。

 
木には目に見えない無数の小さな穴が開いているのですが、その小さな穴に徐々に汚れが詰まっていき、次第に全体が黒ずんでくるのです。ですので、汚れを除去しただけではだめで、またいずれ同じ状態に戻ってしまいます。

 
そこで、今回、その穴を木材の保護をする為に親水性のコーティング材を塗布し埋めていきます。

 
お客さんからのご希望で、素材の質感を残したいという強いご希望でしたので、出来るだけ光沢を抑えつつも、長期間に渡り素材を保護できるように何層もコーティング剤を重ねていきます。
丸一日かかり大掛かりな作業でしたが、とてもお客様に喜んで頂く事ができました。

 
施設でもご自宅でも、お金をかけてこだわりをもって作りあげたものは出来るだけ新築の時に近い状態で維持したいものですよね。

 
今回の床材にはワックスが塗られていなかったのが唯一の救いでしたが、間違った管理方法を行っていれば取り返しのつかない状態になっていたという事例はよくある話しです。

 
特にこだわりの素材を使って建てられた家や施設をお持ちの方は、今後の管理法の事を考え直して見られてはいかがでしょうか。

 
熊本の白木洗い・大理石磨き専門
クリーンキーパーズ
TEL 0120-505-982



 
コメント
コメントする